Home.html

ダイアログBar

ダイアログBarとはとはintro.html
イベントカレンダーevents.html
お問い合わせinfo.html
過去の履歴history.html
Home.html
 

Dialogue Bar

「第18回ダイアログBar ーゲスト:横山十祉子さん、桑原香苗さんー

mailto:info@dialog-bar.net?subject=%E3%80%90%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%80%91
お問い合わせmailto:info@dialog-bar.net?subject=%E3%80%90%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%80%91
(ダイアログBar事務局)mailto:info@dialog-bar.net?subject=%E3%80%90%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%80%91
mailto:info_dialoguebar-subscribe@yahoogroups.jp?subject=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%B0Bar%20ML%E7%99%BB%E9%8C%B2
MLに登録するmailto:info_dialoguebar-subscribe@yahoogroups.jp?subject=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%B0Bar%20ML%E7%99%BB%E9%8C%B2

ML(メーリングリスト)では、不定期でイベントの情報をお知らせします。

日時 2009年12月9日(水)19:00~21:45


場所 東京・表参道

   オーガニックレストラン「シナグロ」(http://cinagro.jp/)


参加費 4,000円/人(食事、ドリンク代として)


定員 40名(先着順にて締め切ります)


内容

第一部 「ゲストトーク」

ゲスト:横山 十祉子さん、桑原 香苗さん

シアトルのペガサスカンファレンスで発表される内容を日本語で行っていただきます。


第二部 「ワールド・カフェ・ダイアログ」

第一部で出た話題とテーマをもとに創造的な対話と場を創り出す手法、「ワールド・カフェ」によって参加者全体での対話を行います。

申し込みはこちらjoin1209.html
申し込みはこちらjoin1209.html
申し込みはこちらjoin1209.html

横山 十祉子(よこやま としこ)さん


PWI認定プロセスワーカー、TY Practice主宰

日本プロセスワークセンター事務局長、同中核教員

http://www.jpwc.jp

ダイヤル・サービス(株)顧問


聖心女子大学文学部教育学科心理学専攻卒業

英文を学ぶつもりだった大学でどうしようもない魅かれを感じて

突然心理学を専攻するも、失望して大手電機メーカーに就職。

結婚、離婚を経てどうしてもユングに魅かれてしまう自分を再発見。

道を模索する中でプロセス指向心理学と出会い今日に至る。1958年生まれ。

ゲストの紹介

ダイアログBarの様子process.html

西村 勇也

ダイアログBar 主宰/代表


大阪大学、大阪大学大学院にて教育心理学を学び、主に人の内面的な成長のプロセスについての研究を行う。同時に、学生団体でコーチングと心理学を元に学生のキャリア支援、キャンププログラム等の活動に従事。


その後、(財)日本生産性本部でメンタルヘルスをテーマに企業の組織診断と、ワールド・カフェを始めとしたダイアログ(対話)による組織開発プログラムの開発とワークショップの実施に従事する。


同時に、08年4月よりダイアログのプロセスを活用した非営利コミュニティ『ダイアログBar』の活動を開始。1年間で14回の「対話の場」を設け、約500人が参加。対話の場のオーガナイズとファシリテーション、ワークショッププログラムの開発など多数実施。

現在は、フリーランスのコンサルタント/ファシリテーターとして「”対話の場”を創り、創造的な社会の実現する」をテーマに活動を展開。

ファシリテーターの紹介

12月のダイアログBarは、ペガサスカンファレンス特別編。


11月の小田さんの回が

ペガサスカンファレンス全体をテーマにしているのに対して、

今回は、今年のカンファレンスで行われるプレゼンテーションを

実際にそのまま持ってこよう!

という企画です。


横山さんと桑原さんは、

長年、プロセスワークというユング心理学からはじまった

理論体系を学ばれ、日本で展開されています。

プロセスワークの特徴は、

個人やカップルだけでなく、組織、コミュニティも扱える

グループに対する理論と実践の体系を持っていることです。


つまり、心、関係、グループと

扱う範囲が広くなっていっても、

ちゃんと対応出来る一貫した体系を実現しているのが

プロセスワークの特徴です。

ちょっと本質的じゃないですか?☆


既に、桑原さんには昨年の9月に行われたダイアログBarの

ゲストにお越しいただいた他、

「プロセスワークと組織開発」「プロセスワークとダイアログ」

というタイトルで2日間のワークショップを行っていただきました。


(昨年9月のダイアログBarの様子はこちら)

http://positivelearning.seesaa.net/article/106512269.html


今年のペガサスカンファレンスでは、

お二人にもう一人Tishさんという方を加えて

発表が行われまました。


今回のダイアログBarでは、

Tishさんは当日日本にいらっしゃらないため、

横山さんと桑原さんのお二人にTishさんの分をカバー

していただいて、日本語で(!)お話ししていただきます。


一体、どのようなリソースがカンファレンスに提供されるのか。

また、ペガサスカンファレンスで

どのような発表が行われているのか。


そんな、ペガサスカンファレンスの

具体的な内容を垣間みるチャンス!


プロセスワークと学習する組織が出会った先に

何が生まれるのか。

そんな、まさに組織やコミュニティを扱う

理論と実践の最前線が現れます。

内容の紹介

プロセスワークというユング心理学からはじまった理論体系を日本で展開されている日本プロセスワークセンターの「横山十祉子さん」と「桑原香苗さん」のお二人をゲストに、

11月にシアトルで行われたペガサスカンファレンス(※)でのプレゼンテーションの発表内容を日本でも行っていただき、その後、ワールド・カフェでの参加者+ゲストの対話を行います。


ふるってご参加ください☆


主催 ダイアログBar 共催 SoLジャパン組織開発コミュニティ


※ペガサスカンファレンスは、米国で毎年行われている「システムシンキング」と「学習する組織」に関する国際カンファレンスです。

(昨年の様子)

http://positivelearning.seesaa.net/article/110077797.html

概要

他の日程とイベント情報events.html
過去の履歴とテーマhistory.html
他の日程とイベント情報events.html
申し込みはこちらjoin1209.html
他の日程とイベント情報events.html

桑原 香苗(くわはら かなえ)さん


PWI認定プロセスワーカー、心理面接室カフェ香庵主宰

http://www.kanaekw.net

日本プロセスワークセンタートレーニングディレクター

http://www.jpwc.jp

PWI教員、江戸川大学講師、袋田病院心理士


1963年東京生まれ。日本文学の修士取得後、

政府間協力の一環としてインドネシアの大学で日本語教育に従事。

かたわらジャワ宮廷舞踊を学び、個人のこころとからだの多様な結びつきが

同時に人間関係や組織、地域文化や国家間の葛藤などと

多層的に関わることを経験。それら全体を一つのシステムとして扱い、

豊かな体験と学びを生み出す手法としてプロセスワーク(プロセス指向心理学)

に出会い、米プロセスワーク研究所PWIにてプロセスワーク修士

及びディプロマ(臨床能力の認定)取得。