Home.html

ダイアログBar

ダイアログBarとはとはintro.html
イベントカレンダーevents.html
お問い合わせinfo.html
過去の履歴history.html
Home.html
 

Dialogue Bar

「第19回ダイアログBar ーゲスト:Bob Stilgerさんー

mailto:info@dialog-bar.net?subject=%E3%80%90%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%80%91
お問い合わせmailto:info@dialog-bar.net?subject=%E3%80%90%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%80%91
(ダイアログBar事務局)mailto:info@dialog-bar.net?subject=%E3%80%90%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%80%91
mailto:info_dialoguebar-subscribe@yahoogroups.jp?subject=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%B0Bar%20ML%E7%99%BB%E9%8C%B2
MLに登録するmailto:info_dialoguebar-subscribe@yahoogroups.jp?subject=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%B0Bar%20ML%E7%99%BB%E9%8C%B2

ML(メーリングリスト)では、不定期でイベントの情報をお知らせします。

申し込みはこちらjoin0125.html

Who is Bob Stilger?


I was born a little more than 60 years ago in a City called Portland, in a State called Washington, on the far western side of the United States.  I grew up with mountains and ocean and desert in a family with very little income and a lot of love. 

私は60年ちょっと前に、アメリカ大陸の西のはずれに位置するワシントン州のポートランドで生まれました。私は、山と海と砂漠に囲まれた環境の中で、裕福ではないけれども愛に溢れる家族の一員として育ちました。


My life has been guided by spirit and I didn’t understand this at all until I came to Japan in 1970 to study in the Kokusaibu at Waseda University.  While at the Kokusaibu, I met the grandfather of my heart in Kyoto.  It was through him that I came both to Shinto and to Zen.  Both have helped me to understand who I am and have guided my life.

私の人生は、スピリットによって導かれてきましたが、早稲田大学の国際部で学ぶために1970年に日本に来るまでは私はそれを全く理解していませんでした。国際部にいる間、京都で私の心の祖父と出会いました。神道と禅とに出会ったのはその方を通してのことです。その両方(神道と禅)が、私はどういう存在か理解する助けとなり、かつ私の人生を導いてくれています。


I spent many years of my life directing a community development corporation.  For 25 years I led a staff of 50 as we helped people living at the economic margins of society in the U.S. have better lives.  We helped them organize so their voice was heard.  We helped them build affordable housing.  We helped them address issues of hunger and childcare and economic development.

私は、自分の人生のうち何年もの間を、コミュニティー開発の会社の運営に費やしました。25年間、私は50名のスタッフを率いて、合衆国で経済的に社会の周縁部で暮らす人々がよりよく暮らせるようになるための支援を行ないました。私たちは、彼らの声が届くよう彼らが組織化し、まかなうことができる住居を建て、飢餓・子供のケア、経済的発展という問題に彼らが取り組む支援をしました。


When I was in my mid-forties, I realized that what I was doing was not enough.  We were helping people live better, but we were not doing anything that changed the underlying conditions which caused some people to be rich while others were poor.  We were not doing anything which challenged prevailing patterns of overuse of the world’s precious resources.  We were not really changing anything at all.

私が40代半ばになったとき、私は自分のしていることが十分でないと気がつきました。私たちは人々がよりよく暮らす支援をしてきましたが、その土台にある、ある者は富みまたある者は困窮するに至らしめる状態を変えることは何もしていなかったのです。世界の貴重な資源を使い過ぎるという、広く行われているパターンに挑むことを私たちは何もしていなかったのです。私たちは、じつは何も変えていなかったのです。


Much to my surprise, I entered a doctoral studies program in Learning and Change in Human Systems when I was 46.  My life began to change.  I had new tools, insights and stories.  I had new people with whom I could be in conversation.  I began to ask the question:  what else is possible?

さらに驚いたことに、私が46歳のとき、人間のシステムの学習と変化のプログラムで博士の研究をはじめました。私の人生は変わり始めました。私は新しいツール、洞察、ストーリーを得たのです。私は会話をともに交わす人々を新たに得ました。私は次の問をたずねはじめました:ほかに何ができるだろうか?


Ten years ago that question led me out of the organization I had co-founded in 1974 and into The Berkana Institute ( HYPERLINK "http://www.berkana.org" www.berkana.org).  My doctoral dissertation, which I finished while at Berkana, was into new leadership and new social movements arising in the world.

10年前、その問によって私は、1974年に私たちが設立した組織を出て、ベルカナ研究所へと移りました。私の博士論文は、ベルカナで完成させましたが、世界で立ち上がりつつある新しいリーダーシップと新しい社会的な動きとに到達しました。


In the U.S. there were major social movements of the last century:  Civil rights, women’s rights, anti-war, environmental.  These movements tended to be ideological, strategic and tactical.  People took an ideological position, mostly based on thought and analysis.  Based on that position they developed strategies and tactics which were generally mostly in opposition to current practices.

合衆国では前世紀に主要な社会運動がありました:公民権運動、女性の権利、反戦、環境について、と。これらの動きは思想・観念的、戦略的、戦術的になりがちでした。人々は思想・観念的な立場をとっていましたが、多くの場合、思想・考察や分析に基づいていました。その立場から彼らは、現在の実践とは大部分でほぼ反対に位置する戦略と戦術を発展させたのです。


What I became fascinated about was some of the new social movements of this century which I experience as enspirited, appreciative and emergent.  They come from the whole of us – our spirits, hearts, hands and minds  (not just our heads!).  They look for, find and appreciate what’s working and build on it.  They follow the energy of yes and see where it leads.  They don’t spend their time in opposition – they build new alternatives.

My work of the last ten years has been with people who are practicing this Enspirited Leadership in many countries around the world.

私は、息吹をあたえるような、前向きに評価できるような、創発的な、という感覚をもたらす、今世紀の新しい社会的な動きのうちのいくつかに魅せられてしまったのでした。そうしたものは私たち全体から発生してきます-私たちのスピリット、ハート、手、心(頭だけでなく!)、と。さらに、そうしたものは、何が作用しているか、その上に何が築かれているか、探し、見つけ、評価します。肯定のエネルギーに従い、それがどこに通じるか理解します。また、異議を唱えることに時間を使いません-新しい、ほかのやり方を築くのです。

最近10年の私の仕事は、世界中の多くの国々で、この、息吹をあたえられたリーダシップ、を実践している人々とともにありました。


My  key questions now are:


How can we support those whose work is to sustain old institutions in health, education, economy, government for as long as they are needed? They do this work in forms that are dying , but which we need now because we don’t yet have other alternatives.


How can we support the work of those who are engaged in brave new pioneering initiatives which are pointing to our future?  Because they are pioneers, much of what they do fails, but they learn and move ahead.


How can we support the work of those who see alternatives working well enough to invite people to try them out?  These people build bridges into our new world.



私からのカギを握る問いは、以下のものです。


保健、教育、経済、政府といった古い制度を維持することを職業とする人々を、そうした制度が必要とされている間、私たちはどのように支援することができるでしょうか? 彼らは、そのような仕事を、それが「死んでしまう」ような方法で行なっていますが、私たちはまだその代替案を手にしていないので、そうした制度を必要としています。


2 未来に向かって勇気ある新たなパイオニア的イニシアチブに取り組んでいる人々を、私たちはどのように支援することができるでしょうか? 彼らはパイオニアであるがために、することの多くが失敗してしまいます。ですが彼らは、学び、前へと進んでいます。


3 代替案がうまくいっているので、他の人々にもそれを試すことを薦めている人たちを、私たちはどのように支援することができるでしょうか? そうした人々は、私たちの新しい世界へと橋をかけてくれます。



And I look forward to being with you!

皆さんとともに時間を共有するのを楽しみにしています!


You Tube

http://www.youtube.com/watch?v=ZVQs0cckjZ8

過去の履歴とテーマhistory.html
他の日程とイベント情報events.html